読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読み聞かせ記録帳 blog

子ども達に楽しんでもらえる絵本を探したり、紹介したりしているブログです。

バナナのかわですべったら

 

バナナのかわですべったら (こどものくに傑作絵本)

バナナのかわですべったら (こどものくに傑作絵本)

 

 

   すごく文章のテンポが良くて、読みやすいです。

    繰り返しとか、韻を踏んでいたりとか、五七五になっていたりとか、気がつかずに読んでいても、読みやすいな、聞きやすいなと思うとそうなっていたりして、面白いなと思います。

 

   バナナのかわですべったら。いったいどうなってしまうのか。

   バナナのかわをふんづけて、すべったさるのモンキッキ。かんがえて、かんがえて……

    想像が広がるステキな絵本です。

 

    作者の、もり ひさしさんは、「バナナの皮のねがい」なるものも書かれていて、なるほど、視点を変えればいろんな想いがうまれるなぁ、と思いました。

 

    バナナのかわですべる。これって小学生くらいのお友だちが大好きな事件ですよね。来年度の読み聞かせが始まったら読みたいなと思います!

 

   読むのにはだいたい、4分くらいかかりました。

ハワイの3にんぐみ

 

ハワイの3にんぐみ

ハワイの3にんぐみ

 

 

一年じゅう夏の島、ハワイの小さな島で   ブタのカマカニ、ウマのカイリ、ヤギのアロハのなかよし三にんぐみは、まいにち浜辺で音楽をかなでつつ    

のんびりくらしておりましたが……。

 

    まずは絵がとってもステキなこの絵本。ジャケ買いならぬ、表紙借りでした。しかも、私の憧れの地ハワイの絵本とは…!ハワイだし、きっとのんびりのほほんな内容なのかな…と読んでみると。あれ?なんだか少し切ない…。意外な結末でした。三にんぐみの名前がハワイ語なので、どんな意味なのかな?と思っていたら、最後に著者の笹尾俊一さんが説明してくれていました。それもまた、うーーん。と思わせるものでした。

 

   

    読むのには、6分ちょっとかかりました。 

ゆっくり いそいで

 

ゆっくりいそいで (絵本・いつでもいっしょ)

ゆっくりいそいで (絵本・いつでもいっしょ)

 

 

ジャングルに

あめが ふると、それまで

おとなしかった

ナマケモノ

ジャングルの パラソルを

めざして、木々を

のぼりはじめました。

ゆっくり ゆっくり

いそがなくっちゃ……と。

 

  とても優しい素敵な絵本です。

 

   私はこの絵本読みながら、何かと比べたりしないで、自分らしく自分のペースでやっていきたいなぁ。子どもたちもそう思えるといいなぁ。と思いました。子どもたちにはどんな思いがのこるのかな。

 

   ちなみに、うちの子たちは、ジャングルのパラソルってアレか〜!アレかと思った〜。でした。

   楽しみに読む方がいるかもしれないので、何かはナイショにしておきます〜。

 

   読むのには、7分ちょっとかかりました。

 

ドングリ・ドングラ

 

ドングリ・ドングラ

ドングリ・ドングラ

 

 

 

 うみの むこうのしまが

ひを ふきました。

 

ドングリたちは、

いっせいに うたいだします。

 

「あかい ひを ふく あの しまへ、

とうとう たびだつ ときが きた。

さあ、いこう。うみを こえて。

ドングリ、ドングラ、ドングリ、ドングラ〜!」

 

ドングリたちの

ながい ながい たびが

いま、はじまったのです。

 

   面白い絵本です…。読みながら思わず笑ってしまいました。これは子どもたち楽しんでくれるだろうな〜。

   作者はコマヤスカンさん。他の絵本も読んでみたいと思いました!

 

  読むのには、5分くらいかかりました。

 

ヘリオさんとふしぎななべ

 

ヘリオさんとふしぎななべ

ヘリオさんとふしぎななべ

 

 

絵かきのヘリオさんがかった、

ふるいあなあきなべの絵には、

ふしぎな力がありました。

よなかに、もの音でめざめた

ヘリオさんが見たものは…?

 

    この絵本、うちの子たちはみんな、学校で借りて読んだことがあって、びっくりしました。

   ちょっとスリリング?なストーリーで、どうなるのかな…?って引き込まれるみたいで、読んでいたら今度、高校生になる長女が、しれっと聞いていましたよ。

 

    読むのには5分くらいです。

 

どこいったん

 

どこいったん

どこいったん

 

 

    前回の読み聞かせで読んだ、「ちがうねん」と同じ作者さんで訳者さんのこの本。この本の方が先に出ているんですよね。まぁなんてゆうか…ドキッとします。

 

くまが だいじな

あかい ぼうしを

さがしています。

いろんな なかまに

ききました。

いろいろ さがしました。

……だけど

ちょっと まって!

  

   この本も、読み聞かせしたら面白いだろうなぁと思っています〜。今年度の読み聞かせは、前回で終了だったので、次年度に…

 

    「ちがうねん」も、この「どこいったん」も、人のものをとったらあかん、てゆうことをいっているのだけれど、とった相手がどうなったかがはっきり描かれていなくて、子どもたちは、どうなったのかな?ひょっとして、食べられちゃったのかな…?っていうところから、じんわり、とったらあかんなぁ…って感じるのかしら。弱肉強食ってやつを感じるのかしら。小さい奴が大きい奴のものとったらあぶないんやでって感じるのかしら。まぁそんな事はふんわりと思うくらいにしてもらって、無表情な動物たちのやり取りを楽しんでもらえたらいいなぁと思います。

 

  読むのには、3分くらいです。

 

3/7 読み聞かせ

   さて、本日2回目の更新です。

今日行ってきた読み聞かせの話ですー。

 

  今日読んだのは、

 

  と、

 

ちがうねん

ちがうねん

 

   の、2冊です。

 

    「おへそがえる・ごん」は、前回、同じ教室で読んだ時に見せた3冊中の、選ばれなかった一冊で、前で聞いていた子の1人に、「かえるの本をよんでほしかった…」と帰りに言われ、「じゃあ、次の時に読むからね!」と、約束した本なのです。約束、果たせました!

  前に紹介した事のある絵本で、読み聞かせするのは初めてだったのですが、テンポが良くて、展開が奇想天外、オバケが出てくるなど、読むのに7分ちょっとかかる絵本ですが、子どもたち最後まで興味を失わずにワクワクしながら聞いてくれました。

 

    次の、「ちがうねん」は、ジョン・クラッセン作、長谷川義史訳のおもしろーい絵本。

おおきな さかなから、

ぼうしを ぬすんだ

ちいさな さかな。

にげています……、

にげていますが……。

さて、にげきれるでしょうか⁉︎

 

名作『どこいったん』に つづく、

ちょっと ドキッとする

おはなし。

 

ちょっとドキッとします。みんな、どう受けとるのかな?って。でも、長谷川さんの訳は関西弁だし、心配無用。子どもたち大爆笑でした!最後はどうなったのかな〜?って言うと、みんな、それぞれに想像力を働かせて色んな意見を言ってくれました〜。子どもの発想は自由!おもしろい〜

 読むのには2分くらいで読めます。

 

   読んだあとに感想を聞いたりはしないのですが、ある子が、誰に言うではなしに、「おもしろかった〜!」と言っていて、よっしゃああ!!!と内心ガッツポーズで教室を後にしましたよ。