読み聞かせ記録帳 blog

子ども達に楽しんでもらえる絵本を探したり、紹介したりしているブログです。

ふしぎなでまえ

 

 

ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)

ふしぎなでまえ (講談社の創作絵本)

 

      

ものぐさ者の

じゃがさんとさつまさん。

カレーとラーメンをたのんだら、

ふしぎなでまえがやってきた!

 

      とっても面白い絵本です。

 子どもたち楽しんでくれそう!

  読むのには、3分ちょっとかかりました。

 

     実は私は、学校というものが好きではありませんでした。理由は色々ですが、苦手なところでした。うちの子たちも苦手なようです。(こんな事も遺伝するのかな…?でも、考え方は親子だもの似てきますよね。)なのに少し前の私は、子どもは学校が好き、学校へ行きたいだろう、なんて思っていました。学校へ行き渋るわが子に、なんで?などと思っていました。勝手な親ですよね〜。

      それで、読み聞かせで学校へ行くようになって、朝の子どもたちの様子を見ていると、やっぱり楽しそうでなさそうな子もいます。そりゃそうだ。今から5時間から6時間、お勉強しなくちゃいけないんだもんね。

     だから、私としては、朝のひと時、わははと笑って、面白かったね〜!と過ごしてもらいたいのです。なんてゆうか、大人の思惑が見え隠れする絵本は…やっぱり…スッキリしないかなと。二冊読める時は、もう一冊は季節を感じられるものや、知的好奇心をくすぐりそうな本を選ぶことが多いです。

     高学年には少し違った、面白いものを、と思っています。が、なかなか難しく、まだまだ、色々探していきたいなと思います。

 

     それでも、子どもたちの心に何が残るかなんて、まーーったく分かりません。忘れちゃうものの方が多いのかも。それでもその時に、ははは、と笑って楽しんでもらえたら、それが一番嬉しいな。

 

     読み聞かせ、今年もがんばろーっと。