読み聞かせ記録帳 blog

子ども達に楽しんでもらえる絵本を探したり、紹介したりしているブログです。

しあわせなおうじ

 

しあわせなおうじ (ひきだしのなかの名作)

しあわせなおうじ (ひきだしのなかの名作)

 

 

      
「あなたは、どなたですか?」

「わたしは、しあわせな おうじだよ。」

「では、なぜ、ないていらっしゃるのです?」

 

      仲間にはぐれて、ひとりぼっちで南へ向かう一羽のツバメと、広場に立つ、金と宝石をつけた、しあわせなおうじ。

      王子は、ツバメに頼んで宝石や金を貧しい人々に配ります。そうして、南へ帰ることをやめて王子の手伝いをしたツバメは死に、みすぼらしくなった王子は、人々によって壊され、溶かされます。

まちじゅうで いちばん とうとい

ものを ふたつ、もってきなさい。

     と、神さまに言われた天使が選んだのは…

 

     次回は6年生の教室での読み聞かせなので、こんな本もいいかなと借りてきました。

朝から少ししんみりするお話ですが、

「広場に立って泣いていた時の王子さまと、最後の王子さまどっちが幸せかな?」

なんて聞かずに、読み終えたいですね。

みんなの心には何か残るでしょうか。

分かりませんね。うふふ。そう思うのはわたしのエゴ。まだ決めてはいませんが、読むならしっかりと読みたい、良いお話だと思います。

 

     読むのは、9分ちょっとかかりました。