読み聞かせ記録帳 blog

子ども達に楽しんでもらえる絵本を探したり、紹介したりしているブログです。

10/3 読み聞かせ

 

   

 

ゆっくりがいっぱい!

ゆっくりがいっぱい!

 

      

     今週は、3年生の教室で絵本を読んで来ました。1冊目は、エリック・カールさんの、「ゆっくりがいっぱい!」

まずは、裏表紙にある、エリック氏のあとがきを紹介しますね。

 

なんでいつも いそいでいるんだろう?

はやく はやく はやく!って

ばたばた あわてて しごと

ちょこちょこゲームにむちゅう そして

いそげや いそげ!

パチンと きりかえ!

テレビをみたり 

ファストフードたべたり…

みんな ぼくらに いうんだ

きびきびやれ! いそげ!

じかんがなくなるぞ!

ふみつけていけ!

こんなんじゃ ともだちといっしょに

ゆうひをみたり

よぞらのほしをみあげたりなんて

するひまがないよ

ああ…ほんのすこしでもいいから…

ものしずかな ナマケモノから

なにかを かんじとってくれたらなぁ

ゆっくり のんびり おっとりと

えだをつたって

ほんのすこし たべ   たくさん ねむり

ものしずかに  へいわにいきる

ナマケモノのすがたから

 

      ナマケモノくんは、なまけているんじゃないんです。彼らしさなんですね。素敵な絵本です。

     今回は、同作のポルトガル語版を図書館で見つけたのでそちらも持って行って、ブラジルからの子たちに見てもらいました。もっとたくさんのポルトガル語の絵本が入るといいと思うので、初リクエストしてみる予定です。

     この絵本には、ナマケモノの他に、たくさんのジャングルの動物たちも出て来ます。普通に読むと、5分程で読み終えられるのですが、「これはなんてゆう動物?」とか、「ナマケモノは、1日に葉っぱ2枚でいいんやで!」とか、みんな好奇心イッパイに見て、聞いてくれるので、なんだかんだで、読み終えるのに10分近くかかりましたね。ちなみに出てくる動物は全部、最後のページで紹介されています。

   ある子に、「アリクイの口って何でこんな形なの?」って聞かれて、アリ塚を見せて説明してあげたかったです…。あと、「アリクイって、ヒアリ食べれるのかな?」という質問も飛び出して、うーん…食べて大丈夫なのかな?口の中刺されたら痛かなるかな?なんて。素敵な絵本は子どもたちの好奇心をたくさん引っ張り出すんだなぁと思いました。

 

    少し時間があったので、もう1冊は、「ゆめみるハッピードリーマー」を読みました。その中で、ある子が、「夢なんて叶わない」って言ったんですよね。刺さりました。でもね、夢は力なんだよ。あるとじんわり幸せなんだよ。叶えるための夢だけだと、疲れる時もあるかもしれないけど、必ず力になるよ。何にもないとさみしいよ。私の夢は、いつか宇宙旅行へ出かける事だよ〜。っていったら、ムリだよ〜って。でもね、夜、星空を見上げて、行きたいな〜って思うだけで、ワクワクしちゃうんだよね〜。宇宙から地球を見たら、綺麗なんだろうな〜って。そしたら、明日も頑張ろうって、思えたりするのよね。

 

   みんな、そんなに早く大人にならないでぇ…。そうさせてるのは私たち大人なんですけどね。うーん。そんな事を考えた、今回の読み聞かせでした。

 

     ではまた。