読み聞かせ記録帳 blog

子ども達に楽しんでもらえる絵本を探したり、紹介したりしているブログです。

ながいながい骨の旅

 

ながいながい骨の旅

ながいながい骨の旅

 

     

     こちらも、高学年での読み聞かせにどうかな、と思い借りてきた本です。が、いかんせん、読むのに時間がかかります。少し説明を入れながら読むと、15分かかってしまいます。

 

     でも、面白いんです。単細胞生物がうまれて、多細胞生物になって、骨がどんな役割をもってうまれたのか、今の私たちの骨にどんな意味があるのか。

   わたし自身、知っている気になっていたけれど、そんな意味があるのか〜と、改めて身体の神秘というか、生命の神秘というものを知りました。

 

私たちは、「骨」や、その中でつくられる「血」というかたちで、いまも、体の中に「海」をいれて、もちはこんでいるのです。私たちは、体の中に「海」をもつことで、地上で生きていくことができるのです。

  

     次回の6年生の読み聞かせの時に、少し早めに行って読みたいと思っています。みんなにも、自分の身体の素晴らしさ、分かってもらえたらいいな。